投資熱が熱くなって来ています

この数十年の間でグローバル化が一気に加速し、大企業などはグローバル展開をしていかなければ熾烈な競争に勝つ事、生き残る事が出来なくなって来ています。その時代の流れと共に株式投資もグローバルに行われる様になって来ています。私達、日本人が海外の株式を購入したり、反対に外国人投資家が日本の株式を購入する機会が増えて来ています。また、株式投資はNISAが始まるなど裾野も広がり、今や資産は貯金するものでは無く投資をして増やして行くと言うのが時代の流れです。

信用取引ってどんなもの?

株式投資にも様々なタイプの取引方法がありますが、注目なのが、信用取引です。信用取引とは信用と言う言葉がある様に証券会社が信用に足りる人間と判断した場合、行う事が出来る取引形態となっています。最大の魅力は持っているお金以上の取引が行えると言う点です。手持ちが仮に30万円しか無くても担保を預けていれば、その倍あるいはそれ以上の金額の取引が行えるのです。魅力的である一方、口座開設には担保や資産などの最低限の資産が必要になるので、誰でも口座開設が出来ると言う事では無いと言う事には注意しましょう。

信用取引には手数料がかかるんです

実際に信用取引を行う際には手数料もかかって来ます。まず、かかって来るのが取引手数料と言うものでこれは取引を行う度に必要になって来ます。また、株を購入する際には、証券会社側からお金を借りる形になるので、金利も発生します。更に、証券会社が持っている株式を借りて取引を行う、所謂、空売りをする際にも貸株料と言うものがかかって来ます。信用取引を行う際にはこれらの諸手数料がかかると言う事を認識しておく事が必要となります。この独特な手数料が一般的な株式購入との違いです。

信用取引を行う金融機関を選定する際には信用取引の費用がいくらかかるかと言う点で、選ぶのが良いでしょう。取引費用の差で年間コストが大きく変わってきます。