先ずは契約をとる為のアクション。

家庭教師としてアルバイトをする時に、注目したいポイントは、「如何に契約をとるか」です。生々しい話にはなりますが、家庭教師という業務も商売の内ですから、利益を得るためにアクションせねばならないですね。アルバイトとして働いている学生や先生が、積極的にプライベートで付き合いをして、顔を売る事により、何処かで契約がとれやすくなります。プライベートな付き合いを充実させている人は、家庭教師として上手く契約をとる機会を、生み出す事が出来ますよ。

契約をとる為に保護者とネゴシエイト。

家庭教師が子供に学問を教えるまでには、保護者と契約をしてからではないと業務は進行しないですね。契約をとれて、「家庭教師」が教え子に勉強を教えはじめて、「本人」にも利益が入り込む仕組みですよ。ですから保護者の方と、どう上手くネゴシエイト(交渉)していくかは、「本人」の腕の見せどころです。やはり好印象は与えていかねばならないですが、家庭教師が何処まで役立つか上手く説明していく事です。学習能力を向上させる様に意思も伝達すべきです。

教え子に気に入られる為には。

仮に契約がとれたら、次は教え子に気に入られる必要性があります。やはりそこは人間関係が大きく関わりますから、教え子に気に入られたいところです。好かれやすい先生は褒め上手、ポジティブ、否定的な事を言わない傾向があります。先生が否定的な態度や不快な感情を隠していても、子供は感受性が強いため、分かりますよ。相手に好かれたいならば、自分から教え子を好きになる必要性は強いのです。契約をとれて、保護者とお子さんと仲良く出来たら、ベストな状況です。

家庭教師のバイトとは小中高校生に対して生徒の自宅へ行って勉強を教えます。教師は大学生が多く、時給も高めなので、人気があります。