在学中の公立高校から別の公立高校へ転校?!

在学中の高校から別の公立高校に転向することが認められる条件というものがあります。家族の事情などで県外へ移住する場合、在学中の高校に通えなくなるという場合です。また、県外での移住で通うのが困難になる場合も認められます。また、特別な事情によるものということで、いじめや学費が支払えなくなったなどといった場合です。積極的な意思のある転校も認められるでしょう。学ぶ分野やコースが無く、より深く学べるコースがある学校に行きたいなどといった場合です。

転校することが決まったら?!

まず、転校が家族や親の都合によるものではない限り、保護者を説得しましょう。家族内で転校が認められたら、在学中の担任の先生などに相談します。転向するためには転校願いや、転出や転入に伴う書類や手続き方が沢山あるからです。在学中の天候の先生や、進路相談を担っている先生から、転入に関して、詳しく教えてもらうことが出来るでしょう。転向する際、教育員会からの受け入れの相談なども行われるため、転校が決まったら、出来るだけ早めに担任の先生に相談しておくことが大切ですね。

対策しておかなければいけないこととは?!

在学中の公立高校から他の公立高校へ転校する場合、転校先の高校で、必ずと言って良いほどテストと面談が行われるでしょう。テストは国語と数学と英語の場合が多いので、しっかりと勉強しておきましょう。また、面接時のマナーなども知っておくと良いですね。転校が決まると手続きなどでバタバタしがちですが、過去の問題集を解いたり、面接の練習などを行って対策しておくと良いでしょう。また、入りたと感じている高校の学力よりも遥かに低い場合は、転校先に受け入れてもらえないこともあるので気をつけなければいけませんね。

高校を転校する時には転校先の高校の評判も調べておきましょう。トラブルが発生しやすいような所は評判が悪いので安心して通える所が見つかります。